二日酔いを防ぐ為のあの手この手

前日のお酒は楽しくても、度を超すと二日酔いの餌食になりかねません・・・。身体も重たく、頭もズキズキ。めまいまでして一日無駄に過ごすことになるのは避けたいものです。

そこで、そんな二日酔いを防ぐためにどうしたら良いのかという事を中心に話題を掘り下げていきたいなと思います。色々な方法もそうですが、サプリメントなど二日酔い対策に効き目のあるものも色々あると知りました。

例えば、ハイチオールCですが、最初は、美白がコンセプトの薬として販売されたものではなく、二日酔い対策向けに作られたそうです。それがいつからか、美白にも効果があるという事でそちらが中心となっていますが、今の若い女性の間では、反対に、美白の薬が二日酔いに効くという事で飲み屋などで働く女性にも人気なんだとか。

また、ウコンと言えば、二日酔いに効き目があるというイメージですが、実際には、それほどでもないような事も聞きます。

また、二日酔いになりやすいというのは、酵素不足なども関係しているかもしれませんので、その辺の健康に関する情報も色々と踏まえながら、よりよい飲酒ライフの参考になればなと思います。

二日酔いの頭痛の原因は?

二日酔いの吐き気は、吐いてしまえばある程度治まりますが、頭痛の方は、結構長い時間続くので困ります。頭痛薬という手も、あることにはあるのですが、二日酔いで薬まで飲むのには、個人的にちょっと抵抗があるんです。そもそも、なぜアルコール摂取によって頭痛という症状が表れるのでしょうか?

それが分かれば、もっと早く二日酔いの頭痛から脱せるかもしれないので、ちょっと調べてみました。すると、二日酔いの頭痛の原因にも、いくつか種類があるということが分かりました。

1つは、アルコールによる血管拡張作用。つまり、脳の血流が活発になり過ぎてしまっているんですね。もう1つは、脱水症状。水分が少ないせいで脳の血流が悪くなると、頭痛となって表れるみたいです。最後に、低血糖。糖分が少ないが故にインスリンが余ってしまうと、活性酵素が発生して細胞を傷つけるそうです。

となると、頭痛の解消法も、ある程度見えてきましたね。脱水症状なら水分を、低血糖なら糖分を補充すれば良い訳ですから。ただ、アルコールの血管拡張作用は、流石に素人ではどうこうできないので、頭痛薬に頼るしかないみたいです。なので、これからは、水分や糖分を補充しても頭痛が治らない場合は、頭痛薬にお世話になることにします。

二日酔いの対処法はとにかく水!

今まで、二日酔いにはたくさんの対処法を試してきました。高い栄養ドリンクや、二日酔い防止ドリンクを飲んでみたり、頭痛薬や吐き気止めを服用してみたりと、かなりお金をかけたと思います。しかし、毎回そういったもので二日酔いを治していると、やっぱり体に悪いみたいです。

そこで、もっと体に負担をかけずに済む、二日酔いの対処法があるみたいです。それは、なんと水。では具体的に、水を飲むことでどのように二日酔いを改善することができるのでしょうか?調べたところ、二日酔いの複数の原因に作用すると分かりました。

1つは、脱水症状の改善。アルコールを摂取すると、利尿作用によって通常よりも体内の水分が尿として排出されやすくなる分、血液が水分不足によってドロドロになることで、頭痛や吐き気等の症状が起きやすくなるため、積極的に水分を補充することでこれを防ぐんですね。

もう1つは、アセトアルデヒドと言う毒素の軽減。アルコールが肝臓で摂取される際に、この毒素が生じて二日酔いの症状の原因となるのですが、水分によってこれの血中濃度を下げることができるそうです。ただの水で、二日酔いに対処できるなんて、全然知りませんでした。水を飲むだけなら、今までの対処方法よりずっと簡単かつ経済的なので、私も早速試してみます。