二日酔いを防ぐ食べ物にカレー!?

二日酔いを防いでくれる食べ物と言えば、個人的には枝豆くらいしか思い浮かばないのですが、調べてみると、ある意外なメニューを見付けました。それは、カレー。そんなに身近で家庭的なメニューが、二日酔いを防いでくれるなんて、全然知りませんでした。一体、どういった仕組みなのでしょうか?

なんでも、カレーに含まれているスパイスが、関係しているそうなんです。具体的には、ターメリックですね。確かに、カレーのスパイスとして、ターメリックの名前はよく聞くと思います。このターメリックが、肝臓の機能を向上させることで、アルコールの分解を助けてくれるみたいなんです。

そのため、お酒を飲んでも、効率的に体内でアルコール分解されるため、次の日にあまり影響しないんですね。
しかも、ターメリックは別名、ウコンと呼ばれているみたいなんです。ウコンと言えば、二日酔い防止ドリンクによく使われている成分ですよね。ウコンとターメリックが同じ成分だなんて、驚きました。

ちなみに、ターメリックは摂取後24時間程体内に留まるそうなので、飲む日のお昼ご飯でカレーを食べるのが良いとのことでした。私も、味覚的にウコンのドリンクは合わなかったので、今度はカレーで試してみることにします。