二日酔い対策となるお酒選び

飲むお酒の種類によって、次の日の二日酔いの程度も、大分違うそうですね。個人的にも、度数の高いお酒を飲めば、その分二日酔いが重くなるというイメージを漠然と持ちますが、どうもそれ以外にも、お酒選びの基準があるのだとか。それは、メタノール。

メタノールは、アルコールの一種ではありますが、アルコール成分とはまた別に分解されるみたいです。しかし、アルコール成分が分解され終わった後に、メタノールの分解がようやく始まるため、体内に残っている時間が相当長い関係上、二日酔いの程度も重くなるそうなんです。

では、そのメタノールを多く含んでいるお酒には、どういったものがあるのでしょうか?調べたところ、ブランデー、ウイスキー、テキーラがそれに該当するとのことでした。となると、あまり二日酔いになりたくない人は、これらを飲まないか、飲む際は水割りにして薄めるのが良さそうですね。

また、それらのお酒を飲んで、二日酔いになった際は、スポーツドリンクか水を飲むことで、体内のメタノール分解を促進するのが一番良いみたいです。ただし、アルコールが原因の二日酔いには効く、フレッシュジュースは、それにもメタノールが含まれている関係上、飲まない方が良いとのことでした。