一番即効性の高い二日酔いの治し方は「迎え酒」!?

「迎え酒」との言葉がありますが、私はその意味を間違って捉えていました。てっきり、飲み会で最初に飲むお酒のことだと思っていたんです。多分、「駆け付け一杯」とゴッチャにしていました。では、「迎え酒」の本当の意味はと言うと…飲んだ次の日、起きてすぐにお酒を飲むこと、だそうです。

昨日も飲んだのに、次の日に起きてすぐまた飲むなんて、信じられません。しかし、一部ではこの迎え酒と言うのが、一番即効性の高い二日酔いの治し方と言われているみたいで、実際本当にそれで、頭痛や吐き気が治まるそうなんです。二日酔いの状態で更にお酒を重ねて二日酔いが治るなんて、一体どういった仕組みなのでしょうか?

調べたところ、治ると言っても、あくまで一時的に過ぎないと言うことが分かりました。なんでも、アルコールによって痛覚が鈍る結果、吐き気や頭痛が軽減したように感じているだけなのだとか。寧ろ、迎え酒と言う行為自体は、アルコールで疲弊した体に鞭打つことになるため、二日酔いの改善に加え健康全般にも良くないとのことでした。

とりあえず、お酒にお酒を重ねても、良いことは無いということですね。私も二日酔いの際は、多少苦しいですが、水やスポーツドリンクを飲んで、地道に治すようにします。